*

日焼け止めの選び方と使用方法

公開日: : 最終更新日:2019/05/01 未分類

日焼け止めを選ぶ基準としては、UVB、UVAの防止効果を表すSPF、PAを目安にするとよいでしょう。
汗をかきやすい時期や、海やプールでのレジャーで使うなら、汗や水にも強いウォータープルーフタイプを選ぶのもおすすめです。
また摩擦に強いタイプも効果的です。

日常生活では、さまざまな摩擦が生じています。
「日焼け止めを塗っていたのに、やけてしまった!」という経験のある方の多くが、汗や水で日焼け止めが取れてしまったと感じています。
しかし、リアルタイムで日焼け止めの塗膜の状態を画像観察すると、摩擦の影響も大きいことがわかりました。

例えばタオルや手で汗を拭いたときや、腕まくりをした時など、摩擦で日焼け止めが取れてしまっている場合もあります。
さまざま表示を参考に、自分に合った日焼け止めを選びましょう。
さらに、日焼け止めのUVカット効果を十分に発揮させるには、適切な使用量が大切です。

使用量が少ないと、肌にのばしたときに膜が薄くなったり、塗り残し部分ができたりして、効果が得にくくなります。
日焼け止めは、十分な量を、肌にムラなくしっかり塗りましょう。

とはいえ、効果がずっと続くわけではないので、日中の塗り直しは必要です。
上手に日焼け止めを取り入れて、正しい紫外線対策を行いましょう。

関連記事

肌荒れしやすい人はどうやって紫外線対策アイテムを選べばいいか

肌荒れを起こしやすいけれど紫外線対策をしたいという方は、肌に負担をかけない日焼け止めアイテムの選び方

記事を読む

ホワイトヴェールとリブランコートの違いとは?

ホワイトヴェールとリブランコート、実はどちらも飲む日焼け止めサプリです。 では、この二つのサプリに

記事を読む

日焼け止めクリームを塗る時の注意点とは?

シミを予防するための紫外線対策において、日焼け止めクリームは欠かせないアイテムです。 日傘も有効で

記事を読む

シミやシワを予防するための紫外線対策

女性にとって、シミやシワは絶対に増やしたくないものです。 そのためには、常日頃から紫外線対策をしっ

記事を読む

絶対に失敗したくないスキンケア:ホワイトニングのためのスキンケア

紫外線などの影響によりシミやくすみができてしまった、そういうときにおすすめのスキンケアがホワイト

記事を読む

日焼け止めクリームの効果的な使い方

日焼け止めクリームは紫外線が強い時期のマストアイテムです。 しかし、日焼け止めクリームはただ塗るの

記事を読む

飲む日焼け止めとは

シミやシワの原因になる紫外線は夏だけのものではなく、一年中私たちに降り注いでいます。 そのため、紫

記事を読む

絶対に失敗したくないスキンケア:ホワイトニングのためのスキンケア

紫外線などの影響によりシミやくすみができてしまった、そういうときに

シミやシワを予防するための紫外線対策

女性にとって、シミやシワは絶対に増やしたくないものです。 そのために

肌荒れしやすい人はどうやって紫外線対策アイテムを選べばいいか

肌荒れを起こしやすいけれど紫外線対策をしたいという方は、肌に負担をかけ

日焼け止めの選び方と使用方法

日焼け止めを選ぶ基準としては、UVB、UVAの防止効果を表すSPF、P

日焼け止めクリームを塗る時の注意点とは?

シミを予防するための紫外線対策において、日焼け止めクリームは欠かせない

→もっと見る

PAGE TOP ↑